母の日は母親に合うイメージや意味をもつ花をプレゼントしよう

ピンク色のカーネーション

母の日のプレゼントに迷ったらお花を選ぼう

Thankyou

毎年母の日が近づいてくると、お母さんヘのプレゼントを促すディスプレイが一気に増えます。プレゼントとして、いろいろな物が候補に上がりますが、正直お母さんの好みがわからなかったりして、何をあげたら良いのか悩む人も少なくないでしょう。そのようなときは、ぜひお花をプレゼントしてみませんか。お花を買いに行く暇がなかったり、遠方に住んでいて届けられない人は、通販サイトを利用するのがオススメです。通販サイトなら、お届け日時を指定することができるお店もあり、母の日の当日に届けることが出来ます。母の日のお花と言えば、カーネーションが一般的ですが、通販サイトではカーネーションだけではなく様々なお花が用意されているので、お母さんのイメージに合ったお花を見つけることが出来ます。花束やアレンジメントもすでに組み合わされているので、お花選びに自信がない方でも安心して選べます。また、お花だけではなくお菓子などが一緒になっているセットもありますので、花より団子のお母さんにはそちらもいいかもしれません。人からお花をもらうということは、なんだか特別な気分にさせてくれるものです。今年の母の日にはぜひ感謝のメッセージを添えて、お花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

母の日には感謝の気持ちを込めて花束を贈ろう

母の日に花のプレゼントをして母親の喜ぶ顔が見てみたいと考えているなら、今年の母の日はネットや花屋さんで母親の好きなお花を探してみてはいかがでしょうか。ネットには、定番のカーネーションやバラの花束がたくさんあります。最近ではプリザーブドフラワーやハーバリウムといった長持ちする種類もあり、プレゼントには花を贈る風習がまた戻りつつあります。母の日にカバンや洋服、ハンカチなど身近にというものも良いかと考えるかもしれませんが、花を嫌いという女性は少ないので、やはり母への感謝の意を伝えるには花と簡単な一言メッセージがあると喜ばれるでしょう。花屋さんで購入しようとすると、目の前に沢山の花が咲いているので、どれにしようか悩んでしまいます。ネットでの購入の良いところは、現物は見られませんが、花の種類や色、金額を簡単に決めることができ、届ける日時などを決められるという点です。花屋さんの良いところは実物の花を見られるので、自分も癒されるような気持ちになります。ハーバリウムなどは日持ちして、お部屋のインテリアとして飾ったり掛けたりできるので、受けとった母親も母の日のプレザントとして、大切に保管でき心に残る一品になります。母の日のプレゼントを悩んだら初心に戻り、気持ちを込めて花束を送りたいものです。

母の日には素敵は意味のある花を贈ろう

母の日が近づいてきたけれど、花の種類やデザインが色々あり過ぎて選べない、そんな方は花言葉をもとに選んでみるのはいかがでしょうか。凝ったデザインの花束でなくても、お気に入りの花言葉をもつ花を選べば、素敵なプレゼントになります。
まず、母の日といえば赤いカーネーションです。こちらの花言葉は「母への愛」です。ピンクのカーネーションは「感謝」や「暖かい心」を意味しますので、どちらも母の日にぴったりで定番であることも理解できます。
淡い黄色には「嫉妬」や「軽蔑」、オレンジには「熱烈な愛」といった母の日にはあまりそぐわない意味が含まれるので、少し注意が必要です。
色によって花言葉が違うなんて選ぶのに迷ってしまうという方には、どの色においても良いイメージを持つ花がおすすめです。例えば、チューリップには「優しさ」や「思いやり」、マーガレットには「優しい思い出」や「信頼」という意味が花全体にあります。どちらも馴染み深くかわいらしいお花ですので、日頃の感謝を伝えるのにぴったりです。かすみ草は「感謝」「幸福」を表します。どの花との組み合わせにも相性がよく、全体を柔らかい雰囲気にしてくれます。いつもと少し違った雰囲気の花を贈りたい方は胡蝶蘭がおすすめです。「幸せが飛んでくる」という意味がある上、水やりも頻繁にする必要がなく、花持ちもいいからです。渡すときは、ぜひ花言葉も一緒に伝えて下さい。思いが伝わり、会話も弾むこと間違いなしです。

News